柳本史 版画展 ポストカード

今回の展示会に合わせ柳本史さんから素敵なポストカードが届きました。
それぞれの表情や仕草が可愛いらしい素敵なカードです。
各¥200にて販売中です。

1 ねことねこ
2 芝のこと
3 タッタッタッ
4 ゴロニャ
5 立ち止まる
6 小さなパグの長い一日
7 ぼくのねこ

IMG_2848 2.jpg

IMG_2845 2.jpg

11月のお知らせ

11月15日(木)は社内研修の為、臨時休業になります。
ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします。

今月の展示会は『L o'clock』ビンテージ時計展を行います。
カフェでの本格的な時計展です。是非お気に入りの時計を見つけて下さい。

旬のコーヒーはエチオピア・イルガチェフェ『ゴティティ・ウォッシングステーション』ケニアの『カラツ・ファクトリー』コロンビアはウイラの『ガァルニソ・ファミリー』など、どれも今年の出来は素晴らしいです。

中米はコスタリカのクレストネスが10周年を迎え早摘みで入荷しております。『エル・アルト』はフレンチで『『エル・セロ』をシティで販売致します。素晴らしいスペシャルティコーヒーをお楽しみ下さい!

ケーキはブルーベリーポピーシードと紅玉の林檎ケーキなどスペシャルケーキをご用意い致します。

ハチミツも入荷中です。

涼しくなりコーヒーが美味しく感じる季節になって来ました。
今月は展示会と共にアフリカや中米のニュークロップと季節のケーキでお楽しみ下さい。

11月のお知らせ

『L o'clock×JalkCoffee』ビンテージ時計展

11月の展示会は豪徳寺のL o'clockさんによるビンテージ時計展を行います。
『L o'clock』店主の秋山さんは、ビンテージ時計を『気軽に買えて、気軽に使ってもらう』をコンセプトに世田谷の豪徳寺でお店をされています。

自分も含め一般人にはマニアックで敷居の高い『ビンテージ時計の世界』ですが、『L o'clock』は店主のお人柄もあり、気軽に立ち寄れて多くの時計の知識を得られる素敵なお店になっています。私も、ここ数年時間が出来ると足繁く通い、どっぷり『ビンテージ時計の世界』にハマっております。

11月は、コーヒーでも飲みながら気軽に『ビンテージ時計の世界』を観て頂こう、知って頂こう、ということで時計展を企画いたしました。

秋山さんには、おそらく私の好みでもあります、シンプルで長く使っても飽きのこない時計(そうじゃないキャラ強もあるかも・・・)やカッコいいレディースなんかを選んで頂いていますが、初の試みとなる時計展・・・不安と楽しみが入り混じりながら準備をしております。

みなさま、是非お楽しみに!

IMG_2535 3.jpg

『L o'clock×JalkCoffee』ビンテージ時計展

11月の展示会『L o'clock』ビンテージ時計展が始まりました。
『L o'clock』店主、秋山さんによる選りすぐりの腕時計が展示されております。
時代を経てコツコツと時を刻んできたビンテージ時計のその姿はちょっと頼もしささえも感じさせます。
先日は隣町の古い時計店の店主さんがご来店されました。
その腕にはジャガールクルトの見たことのない時計が・・・残念ながら写真を撮り忘れましたがこのような出会いも時計展ならではですね。
今回は置き時計も味わい深いアイテムが揃っております。
ゆっくりとコーヒーを飲みながら眺めてるお楽しみ下さい。

IMG_2632.jpg


IMG_2614.jpg


IMG_2612.jpg

コロンビア 南部地方 ウイラ県 『グァルニソ・ブラザーズ ファミリー』

良質なマイルドコーヒーを産み出すコロンビア。
南部ウイラ県のグァルニソ・ブラザーズから素晴らしい香味のコーヒーが届きました。

タルキ市の街から山に入りひたすら上った道の終着点に彼ら兄弟の住地があります。すなわちタルキの産地で最も標高の高い場所にあたります。

兄弟全体で40ha程度の農地を徹底管理し買取業者の厳しい品質基準のもと高品質な※AAを取得した貴重なコーヒーです。
香味は南部ウィラ産のコーヒーらしいマイルドで舌触りがクリーミー。優しい柑橘の酸味が特徴になります。
派手さは無いのですが豊かなコクがあり、ホッと温まるのにちょうど良いボリューム感のあるコーヒーです。今年の出来も素晴らしいです!


精製方法
1.収穫したチェリーを受け入れタンクに投入前に手選別を行う。
2.チェリー投入タンクに水を張りフローターを除去。投入タンクはレンガ張りでクリーンに保たれている。
3.果肉除去。クリバでパルプや剥けなかったチェリーを除去。
4.ドライファーメンテーション36時間程度。
5.水洗4-5回

乾燥
1.高床式のビニールテント下部に設置したベッドで8日間陰干し。
2.側部を開閉できるテント内にて2次乾燥。天候により12-22日程度。
2階建ての乾燥場で側面は風の通るスリットの入ったビニールシート。直射日光が入りにくいよう黒色のシートを採用。
1. 1Fの3段ベッドで一次乾燥
2. 2Fの木製床にネットを敷いて仕上げ乾燥。屋根はトタンのため2Fはより遮光度が高い
合計25日程度の乾燥日数。

輸出業者納入
収穫日毎に別ロットとして管理し、仕上がった順に輸出業者の集荷場に持ち込む。
※後述する通り品質に応じてプレミアムがつくため、特に優れたロットと普通のロットが混じらない方が買取価格の向上に繋がりやすい。そのため、非常に細かい単位でロット分けされている。

ドライミル:
粗選別>石抜き>脱穀>スクリーン選別>風力選別(軽い豆、夾雑物再除去)>比重選別>電子選別
※品質に応じてエクストラでハンドソーティングを行う場合もある
※比重選別は30分に1回、電子選別は10分に1回サンプルを採取し設定が適切かチェック

など

IMG_4146.jpg

IMG_4160.jpg

PREV 5 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12