2018年4月 ARCHIVE

ヤルクのレモンシフォンケーキ

美味しいレモンシフォンケーキが出来上がりました。
因島から到着したての山田さん家のレモンを使いフゥワフゥワに焼き上げたシフォンです。
山田さん家のレモンは爽やかな香りと柔らかい酸味が特徴のレモンです。生クリームとの相性もバッチリですが沖繩産の蜂蜜を掛けることではちみつレモンシフォンケーキとしてでも
楽しんでいただけます。
是非おすすめですぞ。

IMG_1996.jpg

IMG_1992.jpg

プリマベーラ(春)ブレンド2018

今年の春ブレンドは中米の豆をメインにブラジルをアクセントに使い春を感じさせるブレンドに仕上げました。
ややコクがありスッキリとしていて、酸味を少し抑えた柔らかな味わいになります。
余韻に甘みを感じさせるブレンドです。是非!

IMG_9548.jpg

ニルソンロペス氏の農園(サンアントニオ農園)

ニルソンロペス氏の農園

今年も厳選小農家シリーズとしてサンアントニオ農園が少量入荷いたしました。
このサンアントニオ農園は2,050-2,100mと高い標高にある農地です。
標高2000mを超えるこのエリアは、農地麓を渓谷が通っているため夜間も比較的気温が下がりにくい事が高いカップ品質の一要因と言われています。
また農園主のニルソン氏云く「人の手で品質を上げる事など微々たるものです。肥沃な大地と特殊な気候が生み出したコーヒーの実を丁寧に収穫・精製・乾燥することで品質の低下防ぎ、少しでも美味しい状態で出荷する事が私たちの仕事です。」と語ります。

農地、プロセス設備・方法、全てに置いて管理が行き届いている環境が生み出すハイレベルなコロンビアコーヒーです。
香味はナリーニョ特有の綺麗でしっかりした柑橘系の酸とミディアムなボディがマイルドな舌触りと、ほのかに杏のような甘みを感じさせます。
個人的にはコロンビアの中でも一番好きなエリアなのでオススメしたいコーヒーです。

IMG_1961.jpg


IMG_1967.jpg

『ココロノ庭 2018』小林旬子 ジュエリー&スプーン展

MIND'S GARDEN 2018
Jewelry & Spoon Exhibition of Junko Kobayashi
2018/03/31(sat)~04/30(mon)
Jalk Coffee
--- ---
ココロノ庭 2018
小林旬子 ジュエリー&スプーン展
2018/03/31(sat)~04/30(sun)
-窓の向こう 目の前の小さな庭は
地球という大きな庭へつながっている
一度には見わたせない広い庭の 形なき思いを感じて-

4月のヤルクコーヒーは金属造形作家の小林旬子さんの作品展が開催されます。
今年は少し北欧をイメージさせるようなネックレスや有機的で美しい花のモチーフ、鳥などの素敵な作品が並びます。
一枚の金属から、こんなに素敵な作品が出来上がるなんて本当に驚ろかされます。
その他、オリジナルのコーヒーメジャースプーンなども見逃せません。
お手に取ってみたいたジュエリーがございましたらお気軽にスタッフにお声を掛けください。
ぜひコーヒーを飲みながらゆっくりご覧ください。

小林旬子/ 金属造形家
1994年、東京藝術大学美術学部工芸科卒業
大学卒業後、金属工房にて自身の創作活動を続ける一方、インテリア、エクステリアなど企画、デザイン・共同制作する。
2015年、信州八ヶ岳にアトリエを移設、2016年よりJUNKO.Y.Kとして活動を始める。
http://junkoyk.com

IMG_1923.jpg


ウチボリさん家の蜂蜜入荷です。

今年も沖縄のウチボリさんから蜂蜜が届きました。
2月後半に採蜜されたもので『にが甘』でお馴染みのフカノキ蜜が少し混ざっている名護の百花蜜です。

ウチボリさんのお話だと『にが甘蜜を狙って仕掛けてもらったのですが、他の花が同時期に咲いてしまい、蜜が交ざり苦みが抑えられ。クセが少ない、明るい色味の蜂蜜です。』とのこと。

綺麗な酸味とほのかに感じる『にが甘い』余韻はなんとも言えない華やかな美味しさです。そしてこのフレッシュな感じはなんなんでしょうか・・・。沖縄のハチミツは送って頂く度に新しい発見があります。

ウチボリさんからの一言
『蜜蜂たちは、人間がちじこまっている2月後半には巣の中で春の支度を始めていました。自然はもう春が近くまできているのを感じているんだぁ、と感心してしまいました。今年の春も良い蜜が採れますように頑張ります。』

今年も楽しみなウチボリさん家の蜂蜜です!

IMG_1934.jpg


IMG_1942.jpg

1  2 "$>