コロンビア アグア・レガーダ農園 AAA

今回のコロンビアは南部の東部山脈と中央山脈に挟まれた場所にある優良産地ウイラ県です。県最南部の両山脈がぶつかる地域は標高に恵まれてる地形のため、柔らなか質感と豊かな果実味の特徴を持つコーヒーが生まれます。

今回のアグア・レガーダ農園は細かなロットに分けられ、高品質の豆と普通の豆が混ざり込まないよう管理が徹底されています。香味は柑橘系の酸が心地よくマイルド感が特徴です。少量入荷ですので是非お楽しみください!

このロットも買取業者(輸出業者)から品質の最高ランクであるAAAを取得したもので、 特に優れた香味の豆にしか与えられない稀少なものです。


※トリプルA最高ランクについて。

1)欠点、水分値、水分活性、スクリーンが基準の範囲内に納まっているか確認する。範囲外の場合は買取対象外となる
2)1に合格したロットについてカップ検査を行い、買取対象外, A, AA, AAAの4段階に格付け。
3)A, AA, AAAは後者ほど評価が高く、格付けに応じたプレミアムが支払われる。AAAに格付けされることは稀でマイクロロット、ナノロットとして扱われる。価格も一気に高額になる。

IMG_6828.jpg

IMG_6jpg.jpg

『春咲きスプーン』 小林旬子         ジュエリー&スプーン展 2017/04/01(sat)~04/30(sun)

4月のヤルクコーヒーは金属造形作家の小林旬子さんの作品展を行なっております。今回、当店での貴金属類の個展は初めてということで、どのようなディスプレイになるか少し不安でしたが、旬子さんがオリジナルのアクリル額を用意してくださり、絵画のようなカタチでジュエリーやスプーンを壁面に飾ることが出来ました。
美しいシルバーの作品以外にも真鍮で出来たコーヒースプーンやフォークなど他では見られないモノばかり。
オリジナルのコーヒーメジャースプーンも見逃せません。
和田堀公園や神田川の桜をご覧になられた帰りにでも是非お越し頂けましたらと思います。

作家さんからの一言

『春咲きスプーンは、人の想いに咲くイメージの、ジュエリーやオブジェです。銀や真鍮の板をハサミや糸ノコギリで切り、金槌やタガネで叩き、ヤスリで削ったり布で磨いたりして作っています。その表情や形が1つ1つ違うことも手作りの味として、思い思いにお楽しみいただければと思います。』

小林旬子/ 金属造形家
1994年、東京藝術大学美術学部工芸科卒業
大学卒業後、金属工房にて自身の創作活動を続ける一方、インテリア、エクステリアなど企画、デザイン・共同制作する。
2015年、信州八ヶ岳にアトリエを移設、2016年よりJUNKO.Y.Kとして活動を始める。
http://junkoyk.com

IMG_0701.JPG

IMG_0710.JPG

IMG_0705.JPG

タンザニア・ブラックバーン農園AA

今年もブラックバーン農園のニュークロップ(新豆)が入荷してきました。
この農園はオルディアニ山の西側斜面に位置し、1,760-1,950mと非常に標高の高い農園になります。
農園の説明がいらないくらい付き合いが長く、毎年安定した香味のコーヒーを届けてくれます。
タンザニアはブレンドに使用するにしても非常に重要な豆になりますがシングルで飲んでも美味しいアフリカの豆です。
今年もフレンチローストやシティローストでお楽しみ下さい。

HARVESTING - HAND PICKING 010-2.JPG

4月のお休みのお知らせです。

4月1日から小林旬子さんの『ジュエリー&スプーン』展を開催しております。

但し4月20日(木)は研修の為、臨時休業になります。
ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします。

今月もみなさまのご来店をお待ちしております。

4月のお休みのお知らせです。

エルサルバドル エル・オルビド農地

中米、エルサルバドルからブルボン(品種)が入荷しました。
エルサルバドルは、同国で開発された大粒の品種"パカマラ"の産地として近年、世界的にも人気のある産地です。
今回入荷したのはグァテマラなど中米の主力品種の一つである"ブルボン"のもの。パカマラはあまり深いローストに向きませんが、ブルボンは浅目から深炒りまで幅広く耐えられ、重すぎないボディ感(コク、粘性)とクセの少ない香味で非常に飲み易いのが特徴です。

エル・オルビド農地は1887年から栽培の歴史があり、樹齢も50年以上の古木が多く存在します。
所有者のキョネス 一家は中規模の農園として大口商社向けの商品を作っていましたが、農地に適さない栽培方法を強いられ買取価格にも疑問を感じ、自らスペシャルティコーヒー市場への転換を選びました。土壌の分析から始まり、完熟豆のみの収穫を徹底的にピッカー(収穫をする季節労働者)に指導するなど、方針転換後の数々の取り組みで品質は飛躍的に向上。今では生産量の50%をスペシャルティコーヒーとして流通させるまでになっています。

フルーティな酸味からくる華やかな香りがあり、柔らかな口当たりですが割としっかりとコクがあります。
春風のように爽やかに飲んでいただけるこの時期にぴったりなコーヒーです。ぜひお試し下さい。

IMG_0686.JPG

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11